幡谷則子上智大学教授の講演会

去る6月28日(月)16:00-17:30、幡谷則子上智大学教授による講演会“COVID-19危機下のコロンビア:全国スト(Paro Nacional)の意味と背景”を、当協会会員を対象にオンラインで開催しました。

新型コロナウイルスがPandemicとなって世界中の人々の健康や生命を脅かし、その経済・社会活動に多大の影響を与える中、コロンビアでは政府の税制改革法案への反対を契機としてカリ・メデジン・ボゴタ等主要都市で一斉に抗議行動が再燃し、警察との衝突が多くの死傷者を出す惨事となりました。

それまでの比較的順調なマクロ経済運営や治安(暴力指数)の改善にも関わらずなぜ激しい抗議行動が全国的規模で発生し継続するのか、幡谷教授よりは2019年秋、コロンビアとほゞ同時期に始まったチリ・エクアドル等周辺国での抗議行動との共通点、ベネズエラからの大量難民の滞留やコロンビア固有の構造的問題、FARCとの和平合意Acuerdo de Paz後の政治社会的プロセスなどの歴史的背景を踏まえた詳細な解説があり、その後活発な質疑応答がありました。

コロンビア人女性アーティストからのお礼の手紙

昨年春、コロンビア政府のCovid-19対策「国際便発着禁止令」によって多くのコロンビア人旅行者・留学生が日本に足止めとなりました。予定外の滞在延長によって経済的困難に陥る者多数との大使館情報に接して当協会も広く寄付金を募って支援の一端を担いましたが、その中に文化交流目的で山梨県・富士河口湖町に滞在していた女性アーティストTeresa Curreaさんがおられました。その後甲府に拠点を移したTeresaさんは同市民からの温かい支援にも恵まれて創作活動を継続、返礼に壁画を同市に寄贈するなど交流を深められましたが、今般無事帰国できたのも困難を極めた当初の段階でお世話になった協会のお蔭として以下の通り写真を添えて深甚なるお礼のメッセージを寄せられました。

【AACJホームページ掲載によせて―Teresa女史メッセージ 2021年5月7日】

 

小倉百人一首・新スペイン語訳Online出版について

メデジン在住の大学教授Juan Felipe Arroyaveさん(Profesor de Universidad Pontificia Bolivariana de Medellín)がこの度小倉百人一首の新スペイン語訳を完成し、Hispano世界のできるだけ多くの方にこの日本の古典に接していただきたいとして、Onlineで無償公開されましたのでご案内します(下記URLをクリックしてお読みください)。

https://www.padelfordpress.com/cien-poetas-cien-poemas

同氏は留学中の昨年、Covid-19に伴うコロンビア政府の国際便規制によって帰国困難となり日本に足止めされたコロンビア人旅行者・留学生約60名の中の一人でした。内30数名が生活費にもこと欠く危機的状況下にあるとの大使館情報に接し、当友好協会が義援金を募って経済的支援を行った対象者で、延長された日本滞在中に取組み中のスペイン語訳が完成できたことを心から喜び、以下のメッセージを寄せられました。(下記をクリックしてお読みください)

【AACJホームページ掲載に寄せて―Arroyave氏メッセージ 2021年2月23日】

写真投稿―ボゴタ市内のコロナ感染対策について

新型コロナ感染拡大が止まないボゴタ市内の感染対策状況について、当協会会員の飯塚淳氏(JST―国立研究法人 科学技術振興機構勤務)より、ご夫人グロリア・バリガ・モンロイさん撮影のコロナ対策実例写真が投稿されました。

グロリアさんはボゴタ市出身のソーシャルワーカーで、一時帰省中の昨年12月に、市内のショッピングセンターや商店における対策の実例を写真に納められました。写真の詳細説明については下記日西語の説明文をクリックしてお読みください

【ボゴタ市内でのコロナ感染対策のご紹介 2021年1月31日】

【Informe Covid-19 en Bogotá. 30-enero-2021】