AACJ第6期定期総会開催

第6期(2017年度)定期総会・懇親会が2018年6月8日(金)18:00~19:00
在日コロンビア大使公邸にて予定通り開催されました。

ガブリエル・ドゥケ友好協会名誉会長(駐日コロンビア大使)、寺澤辰麿同会長の挨拶に引き続き総会議長に選出された寺澤会長の下、議事が進行され下記3議案が審議されそれぞれ全会一致で可決承認され、総会は無事終了しました。

議題 (詳細は総会ご案内メールに添付の通り)
第1号議案 第6期(2017年度)事業・決算報告及び同監査報告
第2号議案 第7期(2018年度)事業計画案及び予算案
第3号議案 役員人事案

総会に引き続き、懇親会が行われ、ご来賓の中前隆博外務省中南米局長にご挨拶をいただき、コロンビアの各地方のフォルクローレの流れるなかで、美味しいコロンビア料理とワインなどを堪能しながら、会員間の懇談の楽しいひと時を過ごしました。
今年はコロンビアと日本の外交関係樹立110周年の記念すべき年であり、両国官民の記念事業への関心が高まりつつある中で、和平合意後の最近のコロンビア情勢、5月のコロンビアのOECD加盟決定、6月17日のコロンビア大統領選挙、6月19日のワールドカップサッカーでのコロンビアと日本の対戦、そしてそれぞれの方のコロンビアでの思い出、等々話題に事欠かず大変な盛り上がりでした。

第一回コロンビア料理教室開催の件

4月7日(土)、コロンビア大使公邸に於いて当協会主催の第一回コロンビア料理教室が開催されました。当日は会員並びに会員の配偶者の皆さまが多数参加され、会員のカミラ降旗夫人を講師としてアヒアコ、セビチェ、アレパ等のコロンビア料理とコーヒー風味のバナナ・デザートの作り方をご指導いただきました。試食の昼食会ではドゥケ大使を含め参加者全員で自作のコロンビア料理に舌鼓をうち、イベントの成功を祝いました。
当日の料理のレシピは下記(receta)をクリックしてください。
recetas
RIMG0322
RIMG0330
RIMG0334

駐日コロンビア大使主催年末レセプション

12月11日(水)、コロンビア大使公邸に於いて、恒例の日本コロンビア友好協会年末懇親会が、昨年と同様に”駐日コロンビア大使主催年末レセプション”として、開催されました。
レセプションではガブリエル・ドゥケ大使、寺澤辰麿会長のご挨拶に続いて来賓の紹介があり、高野理事の音頭で乾杯し、懇親会へと移りました。日本コロンビア友好議員連盟の先生方、歴代の駐コロンビア日本大使などを含む約120名余の方々が集い、協会会員諸兄姉が旧交を温めると共に大使館特製のコロンビア料理を堪能しながら、最新のコロンビア事情等についての情報交換等を行い、例年にも増して盛大な懇親会となりました。来年6月開催のサッカーワールドカップロシア大会では前回ブラジル大会と同様に日本とコロンビアは同じ予選グループに入り且つ今回はその初戦で対戦することになり、日本・コロンビアの関係は政治・経済・文化・スポーツと幅広い範囲でさらに密接になるものと期待されます。
s-CIMG7555s-CIMG7558

コロンビア政治経済講演会

講演会のご案内
 
コロンビアで平和の建設が始まりました。昨年11月、半世紀に亘り抗争を続けたFARCとの和平交渉が成立し、その後議会での承認、憲法裁判所の審査を経て本年6月、合意内容履行の第一歩となるFARC自身による武装放棄(Dejacion de Armas)が完了しました。 
国内には未だ一部に非合法組織が残るとはいうものの治安情勢は大きく改善し、多くのコロンビア人の顔に明るさが蘇り、新たな国家建設に向けての活動が開始されています。
今月にはフランシスコ・ローマ法王がコロンビア各地を訪問、愛と許しに基く国民和解に向けた空気の醸成が進んでいます。
 この機会に当協会では、ドゥケ駐日コロンビア大使及び和合ProColombia代表をお招きして、“コロンビア政治・経済の現状と将来展望”と題してご講演頂くこととしましたので、皆さま奮ってご参加頂きたくご案内申し上げます。

1. 日 時  2017年10月25日(水)14:00~16:30
2. 会 場  虎ノ門法経ホール
     東京都港区西新橋1-20-3 虎ノ門法曹ビルB1F
      (TEL:03-5501-2750)
(最寄駅:地下鉄三田線「内幸町」、銀座線「虎ノ門」、JR「新橋」)
     詳細はhttp://toranomon-hall.tokyo/  をご参照ください。
3.演 題  コロンビア政治・経済の現状と将来展望
4.講演者  ガブリエル・ドゥケ(Gabriel Duque)
       駐日コロンビア共和国大使
   和合ヒロシProColombia日本事務所代表
5.使用言語 英語
6.参加費  無料 (但し、当協会非会員は2,000円)
7.備 考  ①申込み受付: 先着52名様まで
       (締切日:10月16日(月))。 
出席ご希望の方はメール又はファックスにて事前に協会事務局へお申込み頂きたく、又法人会員の方は出席者のご氏名のほか所属部署名、電話番号、e-mailアドレスも併せご記載方お願いします。
②懇談会:ご講演後約30分、講演者との懇談の場を設けます。
③主催: 日本コロンビア友好協会
8.申込先  日本コロンビア友好協会事務局
       E-mail: amistad.colombia.japon@gmail.com
       FAX: 03-3440-6724
(お問合せ: 090-9200-2370 内田、080-6688-9879 永松)  

コロンビア共和国独立記念祭(7月16日日曜日)Fiesta de Colombia

コロンビア共和国独立記念祭が駐日コロンビア大使館主催にて下記の通りに開催されます。

日時 7月16日(日) 10:00から16:00まで (雨天の場合は17日(月・祝)に順延されます。

場所 日比谷公園 小音楽堂 メトロ日比谷線・千代田線/都営地下鉄三田線 日比谷駅下車A10・A14出口すぐ

一般公開、入場無料です。 ご家族・ご友人などお誘い合わせのうえお出かけください。

詳細は下記パンフレットご参照ください。
fiesta de colombia_final

日本コロンビア友好協会第5期定期総会開催

第5期(2016年度)定期総会・懇親会が2017年6月13日(火)17:00~19:30、セルバンテス文化センター7階(メソン・セルバンテス)にて予定通り開催されました。

ガブリエル・ドゥケ友好協会名誉会長(駐日コロンビア大使)、寺澤辰麿同会長の挨拶に引き続き総会議長に選出された寺澤会長の下、議事が進行され下記2議案が審議されそれぞれ全会一致で可決承認され、総会は無事終了しました。

議題 (詳細は総会ご案内メールに添付の通り)
第1号議案 第5期(2016年度)事業・決算報告及び同監査報告
第2号議案 第6期(2017年度)事業計画案及び予算案

総会に引き続き、懇親会が行われ、ご来賓の高瀬寧外務省中南米局長にご挨拶をいただき、美味しいスペイン料理とワインを頂きながら会員間の楽しい懇談のひと時を過ごしました。
また、懇親会の中で2015年にコロンビアのマニサレスで開催されたミス・インターナショナル・クイーン・オブ・コーヒーにてクイーンに輝いた内田有理様よりコンテストの模様などビデオとパワーポイントにて紹介していただきました。

s-CIMG7276

s-CIMG7281

s-CIMG7274

s-CIMG7288

コロンビア外務副大臣の講演会開催

2月27日(月)、内幸町のIDBアジア事務所に於いて、パティ・ロンドーニョ コロンビア共和国外務副大臣及びガブリエル・ドゥーケ コロンビア共和国駐日大使による講演会
”Postconflict in Colombia:Challenges and Opportunities”が、コロンビア大使館主催、日本コロンビア友好協会の共催により開催されました。

前半は、ロンドーニョ副大臣から和平合意後の国民投票の状況、サントス大統領のノーベル平和賞受賞、その後の修正和平合意、そして現在のコロンビア政府の和平実現に向けた諸政策などにつき簡潔・明瞭なご説明があり、後半は大使よりコロンビアの主に経済情勢の現状並びに今後の投資機会につきご説明頂きました。協会の会員を始め外務省、農林水産省などからのご出席も頂き会場は満席の盛況となりました。
CIMG7041CIMG7036CIMG7042

ドゥケ大使による茨城大学での講演

来月17日に茨城大学グローバル化推進特別講演会にドゥケ大使が講師として参加します。

日時: 2017年2月17日(金)
    14:00~15:00
場所: 茨城県大学図書館本館3階
    ライブラリーホール
対象: どなたでもご参加いただけます。
    講演は英語です。
    (参加無料・申込不要)

詳しくは下記のPDFをご覧ください。

駐日コロンビア大使講演会

コロンビア人建築家大林賞を授与

コロンビア出身の建築家アレハンドロ・エチェベリ氏がメデジン都市開発への貢献を認められ大林賞授与を致しました。
2016年11月に記念講演及び授賞式が行われました。

大林財団は都市が抱える諸問題の解決に多大な貢献があった研究者に対し、その功績を称える大林賞を授与しています。

20161124_154329

20161124_152750

カテゴリー: TOP

ドゥケ大使主催年末レセプション

12月7日(水)、コロンビア大使公邸に於いて、恒例の日本コロンビア友好協会年末懇親会が開催されました。今年の懇親会は協会設立4周年を記念し、ドゥケ大使のご好意による”駐日コロンビア大使主催年末レセプション”として開催されました。
レセプションではガブリエル・ドゥケ大使、寺澤辰麿会長のご挨拶に続いて来賓の永岡桂子日本コロンビア友好議員連盟事務局長からご祝辞があり、歴代の駐コロンビア日本大使を含む約100名の会員諸兄姉が集って旧交を温めると共に、FARCとの新和平協定国会承認後の最新のコロンビア事情やサントス大統領のノーベル平和賞受賞、交渉中の日コEPA等についての情報交換、更には大使館特製のコロンビア料理に舌鼓を打つなどし盛大な懇親会となりました。

レセプションの写真を以下数葉添付します。CIMG6910CIMG6918CIMG6913CIMG6922

ガブリエル・ドゥケ駐日コロンビア大使講演会

11月15日(火)、内幸町・フォーリンプレスセンター会見室に於いて、ガブリエル・ドゥケ駐日コロンビア大使による講演会”コロンビアの現状と将来展望”が、日本コロンビア友好協会とラテンアメリカ協会との共催により開催されました。

折からコロンビアでは、政府と反政府ゲリラ組織FARCとの間の和平再交渉が最終合意に至り、またサントス大統領が今年のノーベル平和賞受賞者に決定とのニュースを受けて、両協会の会員及び関係者で会場は満席の盛況となりました。

講演で使用されたドゥケ大使のプレゼン資料下記にアクセスの上ダウンロードして下さい。
https://drive.google.com/file/d/0B9AIWRjlgmAEdUZVSHVYRV9zSzg/view?usp=sharing

講演会写真2枚下記添付します。
RIMG0251
RIMG0249

コロンビア共和国独立記念祭(7月23日土)

コロンビア共和国独立記念祭が昨年と同様に下記の通りに開催されます。

日時 7月23日(土) 11:00から15:00まで (雨天の場合は24日(日)に順延されます。

場所 芝公園 (みなと図書館隣の広場) 都営地下鉄三田線 御成門駅出口A!より徒歩1分

一般公開、入場無料です。 ご家族・ご友人などお誘い合わせのうえお出かけください。

詳細は下記パンフレットご参照ください。

独立記念祭FOLLETO160705

日本コロンビア友好協会第4期定期総会開催

4期(2015年度)定期総会が2016616日(木)163017:30、米州開発銀行アジア事務所会議室(千代田区内幸町)にて予定通り開催されましたので報告致します。

寺澤辰麿協会会長、来賓の彦田尚毅外務省南米課長のご挨拶、アレハンドロ・ポサダ代理大使のビデオによるメッセージに引き続き総会議長に選出された寺澤会長の下、議事が進行され下記3議案が審議されそれぞれ全会一致で可決承認され、総会は無事終了しました。

(ポサダ代理大使のご挨拶文全文西語は下記URLよりご覧下さい)https://drive.google.com/file/d/0B9AIWRjlgmAEM1F2X3JVSm5mQ2c/view?usp=sharing 

(同ビデオは下記URLよりご覧下さい)https://drive.google.com/file/d/0B9AIWRjlgmAEc2puSFRSUnBvNE0/view?usp=sharing

議題 (詳細は総会ご案内メールに添付の通りです)

第1号議案 2015年度事業・決算報告及び同監査報告

第2号議案 2016年度事業計画・予算案

第3号議案 役員人事案

講演会(6月2日)のご案内Conferencia “Planeación Urbano y el apoyo de gobierno Japones”

講演会 : 社会システムの視点から~JICA技術協力を通して見た日本と南米の違い

当協会ではこの度、コロンビア、ブラジル等南米の都市計画、就中都市開発の問題に詳しい、国土交通省OBの木下洋司氏をお迎えして、掲題の講演会を開催することとなりました。

木下氏は国土交通省在職中に、在コロンビア日本大使館、コロンビア国家企画庁(DNP)に派遣され、又退職後もJICA専門家としてブラジル・クリチバの土地区画整理法策定に 参画するなど、身をもって南米の都市計画に関わるという体験を有しておられます。

コロンビア・ブラジルを始め南米の社会構造やシステムの比較など、特に日本との違いに関心をお持ちの皆様にとって、大変示唆に富むお話を伺う機会ですので、お誘いあわせの上奮ってご参加いただきたくご案内申し上げます。

参加ご希望の方は、下記アドレスにメールにてお申し込み下さい。

amistad.colombia.japon@gmail.com

1.日 時  201662日(木)140015:30

2.会 場  米州開発銀行アジア事務所 会議室

                  東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル16

          電話:03-3591-0461

         交通:地下鉄三田線「内幸町駅」A6出口直通徒歩1

3.講 師  木下洋司(国土交通省OB

<講演内容について>

 南米と関わり始めて25年になります。そのうち、特に都市分野のJICA技術協力を通じて南米に関わった経験に焦点を当て、お話しをしたいと考えています。

 私たちは、自分が持っている思考の枠組みの中で物事を判断しがちです。相手の国を見る 場合も、自分の国の価値観でその国を評価します。それはやむを得ないことですが、南米でこの大きな壁にぶつかり、葛藤した経験を2度持っています。

 一つは、コロンビア国家企画庁(DNP)で、1991年憲法から始まる一連の制度改革の成果である1997年法律第388号を読み、現地の活発な都市活動に接した時です。もう一つは昨年、ブラジル・クリチバの都市計画研究所(IPPUC)で、「土地区画整理法」を作った時です。いずれも、「社会と密接に関連した技術移転」を模索していた時の経験です。

   どのような壁にぶつかり、どう葛藤したかについては、6月2日にお話ししますが、今後、日本の国際化が成熟段階に達するためには、自らの立場を国際的に相対化し、その壁を克服することが大きな課題になると考えています。

 テーマは、「日本と南米の違い」ですが、特に、都市分野の「社会システム」という視点を軸にしてお話しします。従って、南米全体の社会発展の歴史を考えれば、コロンビア・ブラジルに限らず、概ねラテンアメリカ全体に共通の話しになると思います。

4.言 語  日本語

5.参加費  無料(会員、非会員共)

6.備 考  ①申込み受付:先着順40名まで

        ②申込み締切:428日(木)

        ③後援:在日コロンビア大使館、

             米州開発銀行アジア事務所

                               ラテンアメリカ協会

7.お問合せ先  日本コロンビア友好協会事務局

         担当:内田、パオラ永松

         Tel: 080-6688-9879

                                   

第3期定期総会でのコロンビア大使ご挨拶を掲載します

PALABRAS DEL EMBAJADOR ROBERTO VÉLEZ

ASOCIACIÓN DE AMISTAD COLOMBIA JAPÓN

JUNIO 11 DE 2015

Muy buenas noches para todos.

皆様こんばんは

Es para mí motivo de gran satisfacción poder acompañarlos esta noche en la Asamblea de la Asociación de Amistad Colombia – Japón.

この度は皆様と共に日本コロンビア友好協会の定期総会に参加させていただき、誠に嬉しく存じます。 

Me gustaría comenzar extendiendo un especial saludo al señor Tetsuya Otsuru, director de la división Sur América de la oficina de Asuntos Latinoamericanos y del Caribe, al señor Tomoya Yamaguchi, de la misma división encargado de Colombia, y al ex-Embajador de Japón en Colombia, Tatsumaro Terazawa, actual presidente de la asociación y miembro fundador de la Asociación quienes han apoyado las diferentes actividades con gran interés y entusiasmo. Deseo así mismo destacar el gran trabajo y el permanente apoyo del grupo de colaboradores, los Sres. Kazushige Mori, Nobuo Kojima, Koji Uchida, Masahiro Yamazaki y Hiroshi Takano por el compromiso que siempre han mostrado al venir acompañando desde sus inicios el proceso de consolidación de esta Asociación.

本日ご臨席を賜りました外務省中南米局南米課長 大鶴 哲也(おおつる てつや)様、また同じく南米課コロンビア担当の山口 知也 (やまぐち ともや)様、ならびに友好協会設立発起人で会長を務めておられる寺澤 辰麿(てらざわ たつまろ)元駐コロンビア大使閣下に心よりご挨拶申し上げます。両大使閣下には友好協会の活動に対して格別のご関心をお寄せいただき、ご支援を賜りましたこと厚くお礼申し上げます。またご列席の設立メンバーの皆様、森 和重(もり かずしげ)様、小島 伸生(こじま のぶお)様、内田 康治(うちだ こうじ)様、山崎正弘(やまざき まさひろ)様、高野 博師(たかの ひろし)様におかれましては、設立以来、友好協会の発展にたゆまぬご尽力をいただいたことに対し、感謝の意を表します。 

Desde septiembre de 2012, fecha en la cual se constituyó formalmente la Asociación de Amistad Colombia Japón, hasta el día de hoy, la Asociación se ha convertido en un importante pilar de soporte para la gestión de nuestra misión diplomática en Japón. Todos ustedes, sus miembros, nos han motivado a seguir trabajando para que cada vez más japoneses se establezcan vínculos con Colombia.

2012年9月の設立以来今日まで、友好協会は我が在京コロンビア大使館の運営に大きく貢献されました。ご列席の皆様ならびに会員様のご協力を賜り、より多くの日本の方々がコロンビアとの結びつきを深めてくださいました。 

Como ustedes lo saben, recientemente Colombia ha dado pasos importantes hacia la resolución definitiva del conflicto armado. Inevitablemente, estos avances nos causan entusiasmo a todos los que anhelamos que los escenarios de paz y cooperación ciudadana prevalezcan en nuestro país. Dada la complejidad del conflicto, es fundamental que seamos pacientes y continuemos optimistas de que esta situación que le ha causado tantas dificultades a nuestro país por fin será resulta.

ご承知のように、近年コロンビアでは武力紛争の解決に向けて目覚しい進展が見られました。人々の協調する平和な社会の実現を希求する私どもにとって、誠に喜ばしい前進と言えます。多くの課題を引き起こしてきた複雑な問題ではありますが、忍耐強く解決に向けた楽観的な見通しを維持することが肝要と存じます。 

En materia económica, deseo entregarles una excelente noticia, hace unos días atrás la Corte Constitucional de Colombia aprobó el Acuerdo para la Liberalización, Promoción y Protección de las Inversiones entre Colombia y Japón, lo cual sin duda alguna, será un importante motor dinamizador de los flujos de inversión. De la misma forma, nuestros vínculos continúan estrechándose con Acuerdo de Asociación Económica (EPA) entre Colombia y Japón. En las últimas rondas hemos logrado importantes avances en las negociaciones, el pasado mes de mayo se realizó en Tokio la XI Ronda, la cual concluyó con el cierre de dos capítulos más para completar un total de 16 de los 18 que están en la mesa de negociaciones, tan solo nos resta acordar los capítulos de acceso a mercados y reglas de origen. Confiamos que en el transcurso de este año finalicen dichas negociaciones. Así mismo, esperamos que el proceso de ratificación del acuerdo sea pronta y que ambos países puedan pronto disfrutar los beneficios de esta alianza. El apoyo de la Asociación de Amistad Colombia-Japón ha sido, y continuará siendo clave para que logremos atravesar las puertas y ahondar en las posibilidades que abrirá el acuerdo.

経済に目を向けまして、ここで皆様に素晴らしいニュースをお伝えしたいと思います。数日前にコロンビア憲法裁判所が日本との「投資の自由化、促進及び保護に関する協定」を承認しました。これによって二国間の投資の流れが加速するものと見込まれます。さらにEPA-経済連携協定により、二国間関係の一層の緊密化が期待されます。先月東京で開催されたEPA交渉第11回会合では、ここ数回の会合に引き続き、良好な進展が見られました。新たに2章が決着し、交渉対象の18章のうち15章が決着済みとなりました。未決着な分野は「市場アクセス」および「原産地規則」の2章のみです。交渉は年内に合意するものと確信しております。国会承認手続きが早期に完了し、両国が協定の恩恵を享受できるよう願っております。協定締結の機を捉え、私どもが新たな扉を開き豊かな将来性を生み出していくためにも、友好協会のより一層のお力添えが不可欠であります。 

De la misma forma, como resultado de la declaración conjunta, de Julio de 2014, entre el Primer Ministro Shinzo Abe y el Presidente Juan Manuel Santos, estamos complacidos de compartirles que aparte de dinamizar la agenda económica, como lo mencioné anteriormente, la declaración también ha tenido un efecto muy positivo generando un mayor número de visitas de alto nivel entre gobiernos, lo que se traduce en el fortalecimiento de las relaciones en todas las esferas de la relación bilateral. En ese sentido, deseo destacar los aportes generados en la reciente visita a Colombia del Viceministro Parlamentario para Asuntos Exteriores de Japón, Uto Takashi quien se reunión con la Viceministra de Relaciones Exteriores la Doctora Patti Londoño. Así mismo, el Ministro de Defensa Juan Carlos Pinzón Bueno visitó Tokio con el objetivo de fomentar la cooperación entre los dos países en materia de defensa, seguridad y prevención de desastres, como resultado tangible de dicha visita tenemos la visita a Cartagena de tres buques de la Armada japonesa en el próximo mes de julio y estamos a un paso de la firma de un Memorando de Entendimiento entre los dos ministerios. De otra parte, durante la visita de la Viceministra de TICS, Maria Isabel Mejía, se hicieron esfuerzos para fomentar la cooperación en tecnologías de la información y en fibra óptica e infraestructura dos países bajo el marco de la firma de un Memorando de Entendimiento. De igual forma, el Ministro de Hacienda y Crédito Público de Colombia, el Señor Mauricio Cárdenas tuvo una agenda sin precedentes con los más destacados empresarios del sector financiero Japonés y donde se anunció en exclusiva la participación de Sumitomo Mitsui Banking Corporation en la Financiera de Desarrollo Nacional, lo que permitirá llevar mayores y mejores recursos a los proyectos de infraestructura en Colombia. Por su parte la Presidenta de PROCOLOMBIA María Claudia Lacouture sostuvo reuniones con importantes empresarios e inversionistas japoneses.

2014年7月安倍晋三総理大臣とフアン・マヌエル・サントス大統領による共同声明を受けて、ただいまご報告した経済アジェンダに加えて、政府間のハイレベル交流が活発になり、あらゆる分野で二国間の緊密化が進みました。これに加え、先ごろ宇都 隆史(うと たかし)外務大臣政務官がコロンビアをご訪問、パティ・ロンドーニョ外務筆頭次官と会談されたこともこの流れを加速しました。またフアン・カルロス・ピンソン国防大臣が来日し、防衛や安全保障、防災の取り組みなどで日本と連携を深めたいという考えを示しました。防衛大臣訪日の目に見える結果として、今年7月に海上自衛隊の練習艦隊がカルタヘナに寄港する予定であること、ならびに防衛交流に関する覚書が防衛省間でまもなく署名される見通しであること、が挙げられます。またコロンビア情報技術・通信省マリア・イサベル・メヒア次官が来日した際は、情報通信技術や光ファイバーを活用したインフラ整備に関する協力覚書が締結され、協力関係発展の取り組みが進められました。同様にマウリシオ・カルデナス財務大臣が来日した際に、日本を代表する金融機関との意欲的なアジェンダが組まれ、その中で三井住友銀行がコロンビア国営開発銀行(FDN)に出資することが独占発表されました。これによりコロンビア国内のインフラプロジェクトへの最適な資金供給が実現することになります。併せてPROCOLOMBIAのマリア・クラウディア・ラコトゥール総裁も日本の大手投資家グループと会合を持ちました。 

Es de anotar que sumado a las anteriores, en dos semanas tendremos la vista de nuestra Ministra de Transporte Natalia Abello Vives, quién viene a presentar una iniciativa de cooperación bilateral en áreas que competen a los dos ministerios.

もうひとつ付け加えますと、2週間後にはコロンビア運輸省のナタリア・アベージョ大臣が来日を予定しており、交通分野における二国間協力を提案する考えです。 

Con lo anterior deseo trasmitirles que no solo es el gran número de visitas de alto nivel, lo importante aquí es que estamos diversificando una agenda con Japón hacia nuevos temas como defensa y seguridad, tecnología e infraestructura entre los más importantes.

以上の実績から私が皆様にお伝えしたいのは、ハイレベル交流が増えたという事実のみにとどまらず、日本とのアジェンダが多様化し、防衛や安全保障、科学技術、インフラといった新しい分野にも展開している点でございます。 

En materia de turismo también estamos complacidos en darle la bienvenida nuevamente a uno de los más exclusivos cruceros japoneses, el Asuka Cruise, quienes nuevamente estarán en Colombia (Cartagena) el próximo lunes 15 junio, e igualmente se ha confirmado que en recorrido de 2016 también está incluido nuestro país en el llamado tour  “Around The World”. El Asuka lleva a bordo entre 500 a 700 turistas.

観光分野では、今年もまた日本有数の豪華客船、飛鳥II(あすかツー)を来週月曜15日にカルタヘナ港にてお迎えすることとなり、誠に嬉しく存じます。2016年の世界一周クルーズにも寄港地としてコロンビアが選ばれました。なお飛鳥IIには500名から700名が乗船されます。 

Ahora bien, si nos centramos en el ámbito regional de Colombia también podemos asegurar que el rol que juega nuestro país en América Latina y en especial la Alianza del Pacífico es muy importante como catalizador esencial para la generación de cadenas productivas en la región. La profundización mencionada por los mandatarios de los cuatro países continúa dando paso a oportunidades a gran escala.

地域内協力に目を向けますと、ラテンアメリカ特に太平洋同盟において我が国は、生産チェーンの構築に関して牽引役としての重要な役割を担っております。加盟4カ国首脳による取り組みを通じて、大規模な機会拡大に向けた確実な前進がみられます。

Con estos avances en el ámbito de la resolución definitiva del conflicto interno y la profundización de las relaciones comerciales, no cabe duda de las relaciones entre Colombia y Japón están llenas de opciones para el comercio, la inversión y el turismo.

国内紛争の最終的な解決に向けた進展ならびに経済連携の強化を通じて、コロンビアと日本の二国間関係は確実に貿易や投資、観光分野で幅広い選択肢を備えたものとなります。 

En el ámbito cultural, se presentó el año pasado la exhibición itinerante de cuentos ilustrados de Rafael Pombo. En esta ocasión, fue posible divulgar la obra del escritor Colombiano en 15 ciudades desde Hokkaido hasta Kyushu.

文化交流の面では、昨年コロンビアの国民的作家ラファエル・ポンボの絵本挿絵展を北海道から九州まで15の都市で開催することができました。

Sea entonces esta la ocasión para expresar mis mejores deseos para el desarrollo de este encuentro y mi confianza en que la Asociación de Amistad Colombia – Japón nos continuará brindando profundas satisfacciones.

最後に日本コロンビア友好協会の更なるご発展を祈念して、ご挨拶と致します。今後とも何卒、ご協力、ご支援をよろしくお願い申し上げます。 

Muchas gracias.

ご清聴ありがとうございました。

 

日本コロンビア友好協会第3期(2014年度)定期総会開催

3期(2014年度)定期総会が2015611日(木)18301930、米州開発銀行アジア事務所会議室(千代田区内幸町)にて予定通り開催されました。

ロベルト・ベレス友好協会名誉会長・駐日コロンビア大使並びに寺澤辰麿協会会長、来賓の大鶴哲也外務省南米課長のご挨拶があった後、総会議長に選出された寺澤会長の下議事が進行され下記2議案が審議されそれぞれ全会一致で可決承認され、総会は無事終了しました。

1.第1号議案:2014年度事業報告及び決算報告、監査報告の審議と承認

2.第2号議案:2015年度事業計画及び予算案の審議と承認

総会終了後、高野博師理事による乾杯の音頭で懇親会が始まり、遅れて参加された高瀬寧外務省中南米局長にご挨拶を頂いた後、ベレス大使、寺澤会長を始めとする出席の会員諸兄姉相互の親睦を図る懇親会が和やかに開催されました。

s-CIMG5639大使2s-CIMG5641寺澤1

 

第1回コロンビア大使館ゴルフトーナメントのご案内Primer Torneo de Golf de Amistad Colombia-Japón

平素より当協会の活動にご支援・ご協力いただき、ありがとうございます。
気候もよくなってまいります4月に第1回コロンビア大使館ゴルフトーナメントが開催されます。
詳細につき下記ご案内申し上げますので、会員以外でも会員のご紹介で参加可能です、皆様には奮ってご参加頂きたくよろしくお願いいたします。
(添付神奈川カントリークラブのパンフもご参照下さい)
 
日本コロンビア友好協会 事務局
 
 
1.開催日時 
   4月18日(土) 第1組 9時スタート
2.開催場所 
   神奈川カントリークラブ(詳細は下記サイトご参照下さい)
   交通:中央本線 藤野駅よりクラブバスで15分。
3.主催者 
   在日コロンビア大使館、ProColombia、コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)、日本コロンビア友好協会 (4者共催)
4.会費 
  18,080円 但し、神奈川カントリークラブのメンバーは13,220円
  会費にはプレー費、昼食代、パーティ代が含まれます。
5.参加予定者 
  当協会会員、コロンビア大使館をはじめとする主催者の関係者、神奈川カントリークラブのメンバー、およびそれぞれの紹介者となっており、100名以上の参加が予想されます。
6.申込み 
  このメールへの返信メールにて参加者氏名をご連絡願います、法人メンバーの方は会社名も記載願います。
7.お問い合わせ先
  担当理事 山崎 携帯090-2495-9597
The-1st-Colombian-Embassy-Golf-Tournament Invitation

En esta ocasión nos es muy grato informales la celebración del Primer Torneo de Golf de Amistad Colombia-Japón, el cual se celebrará el próximo sábado 18 de abril el Kanagawa Country Club http://www.kanagawacc.com/. Nos permitimos enviar el folleto informativo adjunto a este correo.

Los organizadores de esta actividad, La Embajada de Colombia en Japón, la Federación Nacional de Cafeteros, ProColombia y la Asociación de Amistad Colombia-Japón, esperamos contar con su valiosa presencia. Para su referencia, esta actividad está abierta a todas las personas que deseen asistir.

El costo de participación es 18.080 yenes, en los cuales se incluye el precio del juego, el almuerzo y la recepción al final de la tarde. Los miembros del club podrán disfrutar de esta actividad por un coste de 13.220 yenes.

Rogamos confirmar su asistencia, respondiendo a este mensaje. Para mayor información favor comunicarse con señor Yamazaki, 090-2495-9597.

Agradecemos de antemano su interés en todas nuestras actividades.

The-1st-Colombian-Embassy-Golf-Tournament Invitation