【PROMO-ARTE 展覧会案内】「フランシスコ・メヒア・ギナン展 “Geometrics Jewelry in Tokyo” 」“Geometric Jewelry Exhibition by Francisco Mejía-Guinand”

メヒア・ギナンは、コロンビアの建築家、彫刻・平面作家であり、今後も活躍に期待のかかる作家として今注目されているアーティストです。
25年の作家活動を機に、この度ドイツ、アジア、アメリカ大陸の巡回展を企画、当ギャラリーはアジア代表として開催することとなりました。
線で構成されたミニマルな画面、鮮やかな単色に記号が書き込まれた平面作品など、建築家としてのアイデアやセンスが多く見て取れます。
是非ご高覧賜りますよう、ご案内申し上げます。
 
「フランシスコ・メヒア・ギナン展 “Geometrics Jewelry in Tokyo” 」
会期:2014年12月6日(土)〜12月16日(火)
会場:プロモ・アルテギャラリー 2階 全展示場
時間:11:00〜19:00 (最終日のみ17時終了)/月曜休廊
企画:プロモ・アルテ ラテンアメリカンアートギャラリー
後援:駐日コロンビア共和国大使館
1206DM

Nos permitimos informarles que  recordarles que están cordialmente invitados a visitar la muestra “Geometric Jewelry Exhibition by Francisco Mejía-Guinand”. Esta exposición es 1206DMpara celebrar 25 años de carrera del excelente artista Colombiano.

Estará abierta del Sábado 6 de diciembre hasta el Mártes 18, de las 11a.m. – 7p.m. , excepto los Lunes. No se la pierdan

花の国コロンビアキャンペーン開催イベント 「11月22日いい夫婦の日 大切な人に花を贈りましょう」Lanzamiento Campaña Promocional de Colombia Tierra de Flores “Regale flores a su esposa en el día del Buena Pareja Matrimonial”

在日コロンビア大使館、コロンビア農業省、コロンビア貿易振興機構 (PROEXPORT COLOMBIA) およ び、コロンビア花卉輸出協会(ASOCOLFLORES)は、11月22日の「いい夫婦の日」に向けて、人生の大切 なパートナーに対して、感謝の気持ちを花とともに伝える「花の国コロンビア いい夫婦の日 大切な 人に花を贈ろう キャンペーン」を展開いたします。
この度、キャンペーン開催を記念し、11月19日(水)正午より、JR有楽町駅前広場にて、コロンビア 産フラワーのプレゼントやコロンビアの伝統文化が体験できるイベントを実施いたします。オープニン グセレモニーでは、来賓として、安倍昭恵総理夫人をお招きいたします。総理夫人は安倍晋三総理に同 行し本年7月にコロンビアを訪問された際、コロンビアの花農場を訪れ、花産業が多くのコロンビア国 民や社会へ貢献している様子を視察されました。花の国コロンビアは、切花の輸出量が世界第2位、カ ーネーションの輸出量は世界1位を誇ります。国内においても、花産業は農業の中で最も大きな割合を 占め、経済発展や労働環境の改善などにも寄与しています。
今日、多くのコロンビア人の想いがこもっ たコロンビアフラワーが日本へ届けられているのです。 オープニングセレモニーでは、日本の“いい夫婦”の代表とも言える安倍総理夫人から、来場者の方に プレゼントとしてコロンビアフラワーの最初の一本を手渡して頂き、キャンペーンがスタートいたしま す。
つきましては、オープニングセレモニーに皆様お誘い合わせの上、お越し下さいますようご案内申し上 げます。

Poster Evento NOV 19Miércoles 19 de noviembre 12:00-12:30  Plaza de la Estación Yurakucho

***

La embajada de Colombia en Japón, el Ministerio de Agricultura de Colombia, Proexport y Asocolflores  realizaran el lanzamiento oficial de la campaña “ Regale flores a su esposa en el día del Buena Pareja Matrimonial”, que tiene  como objeto trasmitir el agradecimiento a través de una flor, sentimiento que es difícil de expresar en la vida cotidiana.

En la ceremonia de lanzamiento de la campaña se obsequiarán flores colombianas, e igualmente se podrá apreciar la cultura tradicional colombiana.

Sra Akie Abe, Primera Dama de Japón, participará como invitada especial en la ceremonia de inauguración de la campaña, (asistencia por confirmar).

La Sra. Akie Abe, Primera Dama, junto a su esposo, Sr. Primer Ministro Abe, visito a Colombia en julio del presente año y conoció de cerca aspectos importantes de la floricultura colombiana y sus programas sociales que benefician a cientos de colombianos que laboran en este sector.

En Colombia, la floricultura es una de las industrias mas representativas del sector agrícola la cual ha contribuido positivamente al mejoramiento de la economía y al bienestar de los colombianos en especial a los trabajadores que con todo amor y pasión están produciendo las flores que están exportando a Japón. Colombia es el segundo exportador de flores en el mundo y el primer productor de claveles.

En la ceremonia de inauguración y como acto simbólico, la Sra Akie Abe, Primera dama hará la entrega inicial de flor colombiana al público presente.

Poster Evento NOV 19

コロンビアに関するイベントInformación de interés: evento relacionado con Colombia

コロンビアに関するイベントの情報を送らせて頂きます。

会場: セルバンテス文化センター / オーディトリアム(B1)

日程: 2014年11月19 土曜日
 18:30- 
カロリーナ・マリン
フェスティバル・ドゥエンデを締めくくるのは、コロンビア人歌手カロリーナ・マリンによるクンビア、バジェナート、サルサ、ボレロなど様々なジャンルのコロンビアの楽しいリズムたっぷりの音楽演奏です。ダンサー、アイダ・イナガキによるダンスパフォーマンスあり。

予約はhttp://reservas.palabras.jp/ja/evento/475/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%90%E3%83%AB+%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%87%E3%80%80%28%E3%80%8E%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%89%E3%80%8F%E4%B8%8A%E6%98%A0+%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%29

 

El próximo 22 de noviembre en la clausura del Festival de Cine y Música del Instituto Cervantes, se presentará la cantante colombiana Carolina Marín, nos permitimos enviarles la información por considerarla de su interés.

18:30- Karolina Marín

De la mano de la cantante Carolina Marín disfrutaremos de diferentes géneros de la música colombiana: cumbia, vallenato, salsa y bolero. Además, podremos disfrutar de la presentación de la bailarina Ayda Inagaki, quien estará acompañando este concierto con una muestra de cómo se bailan y disfrutan estos ritmos . Les invitamos a unirse a esta fiesta de sabor colombiano en la clausura del festival Duende!

Para hacer la reserva del evento: http://reservas.palabras.jp/es/evento/475/Festival+Duende+%28D%C3%ADa+4%2C+proyecci%C3%B3n+de+%26quot%3BFado%26quot%3B+++Presentaci%C3%B3n+de+Karolina+Mar%C3%ADn%29

 

2014年大会は U-19コロンビア代表が優勝しました!SELECCIÓN SUB-20 DE COLOMBIA GANADORA EN JAPÓN

SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は17日、草薙陸上競技場で最終戦2試合を行った。U―19(19歳以下)コロンビア代表が1―0で静岡ユースを下し、3戦全勝で優勝した。前半17分、イバルゲンが決勝点を挙げた。静岡ユースは勝ち点4で2位。U―19日本代表はPK戦でU―19韓国代表に敗れ、勝ち点3で3位だった。韓国は勝ち点2で最下位。大会最優秀選手はコロンビア主将のフアン・キンテロ(デポルティーボ・カリ)が選ばれた。

selección Sub 20

 

SBS CUP INTERNATIONAL YOUTH SOCCER

 

 

 

 

 

El equipo sub-20 de Colombia participó y ganó la Copa Internacional Juvenil de Fútbol SBS, un evento anual organizado por la Asociación de Fútbol de Shizuoka y que tuvo lugar en esa prefectura del país.

El equipo colombiano sostuvo encuentros con los equipos de Japón, Corea y Shizuoka.

selección Sub 20

コロンビアに関する番組放送のお知らせInformación sobre programa de televisión relacionado con Colombia:

本日8月28日(木)に、BS-TBSの番組でコロンビアに関する番組があります。

番組名:地球バス紀行 -ボゴタ発 美女の都メデジンへ-
日時:8月28日(木)夜9時
WEB:http://www.bs-tbs.co.jp/bus/

 Nos es grato informales que hoy jueves 28 de agosto se emitirá un programa en que se hablará de Colombia, a partir de las 21:00hrs en el canal BS-TBS, para mayor información ver el enlace http://www.bs-tbs.co.jp/bus/

コロンビア政治体制Gabinete de Gobierno Presidente Santos Calderón 2014-2018 

 元首

Presidente: Juan Manuel Santos Calderón
大統領: フアン・マヌエル・サントス・カルデロン

主要閣僚

Vice-Presidente: Germán Vargas
副大統領: ヘルマン・バルガス

Ministro del Interior: Juan Fernando Cristo
内務大臣: フアン・フェルナンド・クリスト

Ministro de Justicia: Yesid Reyes
法務大臣: ジェシッド・レジェス

Ministro de Defensa: Juan Carlos Pinzón
国防大臣: フアン・カルロス・ピンソン

Ministro de Hacienda: Mauricio Cárdenas
大蔵・公債大臣: マウリシオ・カルデナス

Ministro de Minas y Energía: Tomás González
鉱山・エネルギー大臣: トマス・ゴンサレス

Ministro de Agricultura: Aurelio Irragorri
農業・地方開発大臣: アウレリオ・イラゴーリ

Ministra de Relaciones Exteriores: María Ángela Holguín
外務大臣: マリア・アンヘラ・オルギン

Ministro de Salud: Alejandro Gaviria
保健・社会保障大臣: アレハンドロ・ガビリア

Ministra de Educación: Gina Parody
教育大臣: ジナ・パロディ

Ministro de Trabajo: Luis Eduardo Garzón
労働大臣: ルイス・エドゥアルド・ガルソン

Ministra de Comercio: Cecilia Álvarez
商工・観光大臣: セシリア・アルバレス

Ministra de Transporte: Natalia Abello
運輸大臣: ナタリア・アベージョ

Ministro TIC: Diego Molano
IT・通信大臣: ディエゴ・モラノ

Ministra de Cultura: Mariana Garcés
文化大臣: マリアナ・ガルセス

Ministro de Vivienda: Luis Felipe Henao
住宅・都市・国土大臣: ルイス・フェリペ・エナオ

Ministro de Medio Ambiente: Gabriel Vallejo
環境・持続開発大臣: ガブリエル・バジェホJefe de Estado

Presidente: Juan Manuel Santos Calderón
大統領: フアン・マヌエル・サントス・カルデロン

Gabinete de Gobierno

Vice-Presidente: Germán Vargas
副大統領: ヘルマン・バルガス

Ministro del Interior: Juan Fernando Cristo
内務大臣: フアン・フェルナンド・クリスト

Ministro de Justicia: Yesid Reyes
法務大臣: ジェシッド・レジェス

Ministro de Defensa: Juan Carlos Pinzón
国防大臣: フアン・カルロス・ピンソン

Ministro de Hacienda: Mauricio Cárdenas
大蔵・公債大臣: マウリシオ・カルデナス

Ministro de Minas y Energía: Tomás González
鉱山・エネルギー大臣: トマス・ゴンサレス

Ministro de Agricultura: Aurelio Irragorri
農業・地方開発大臣: アウレリオ・イラゴーリ

Ministra de Relaciones Exteriores: María Ángela Holguín
外務大臣: マリア・アンヘラ・オルギン

Ministro de Salud: Alejandro Gaviria
保健・社会保障大臣: アレハンドロ・ガビリア

Ministra de Educación: Gina Parody
教育大臣: ジナ・パロディ

Ministro de Trabajo: Luis Eduardo Garzón
労働大臣: ルイス・エドゥアルド・ガルソン

Ministra de Comercio: Cecilia Álvarez
商工・観光大臣: セシリア・アルバレス

Ministra de Transporte: Natalia Abello
運輸大臣: ナタリア・アベージョ

Ministro TIC: Diego Molano
IT・通信大臣: ディエゴ・モラノ

Ministra de Cultura: Mariana Garcés
文化大臣: マリアナ・ガルセス

Ministro de Vivienda: Luis Felipe Henao
住宅・都市・国土大臣: ルイス・フェリペ・エナオ

Ministro de Medio Ambiente: Gabriel Vallejo
環境・持続開発大臣: ガブリエル・バジェホ

コロンビアに関する番組放送のお知らせInformación sobre programa de televisión relacionado con Colombia:

来る6月22日(日)に、日本テレビの番組でコロンビアが特集されます。

番組名:世界の果てまでイッテQ!
日時:6月22日(日)19時58分~20時54分
WEB:http://www.ntv.co.jp/q/

 

 

 

 

 

 

 

 Nos es grato informales que el próximo domingo 22 de junio se emitirá un programa en que se hablará de Colombia, a partir de las 19:58 en el canal BBS, para mayor información ver el enlace http://www.ntv.co.jp/q/index.html

コロンビアに関する番組放送のお知らせInformación sobre programa de televisión relacionado con Colombia:

来る525日(日)午後4時より放送される番組でコロンビアが取上げられます。

タイトル「地球ゆうゆう紀行」
サブタイトル「魅惑の都市ボゴタ&世界遺産カルタヘナ ~コロンビア~」
放送局:BSジャパン
放送日時:5月25日(日)夕方4時~(1時間番組)

下記、番組紹介ページのURLです。http://www.bs-j.co.jp/program/detail/19677_201405251600.html

 Nos permitimos informarles que este fin de semana el canal de televisión de BS Japan proyectará un programa sobre Colombia.

Título:  “ Chikyu YuYu Kiko ~ Bogotá y Cartagena Colombia “
CADENA: BS JAPAN
FECHA: el 25 de mayo, desde las 16:00 – 17:00

 

コロンビアに関する番組放送のお知らせInformación sobre programa de televisión relacionado con Colombia:

さて、来る5月10日(土)午後9時より放送される番組でコロンビアが取上げられます。
ご覧頂ければ幸いです。

【番組名】世界ふしぎ発見!~新エルドラド伝説 知られざるコロンビア
【放送局】TBS
【日時】5月10日(土)午後9時より
【URL】http://www.tbs.co.jp/f-hakken/

また、ボゴタの黄金博物館はメイン観光スポットのひとつとなっております。
コロンビアの旅のオプションとしてご検討下さい。

黄金博物館公式サイト:http://www.banrepcultural.org/museo-del-oroNos permitimos informarles que este fin de semana el canal de televisión de TBS proyectará un programa sobre Colombia.

La nueva leyenda de la Esmeralda
http://www.tbs.co.jp/f-hakken
Canal: TBS
Fecha: 10 de  mayo a partir de las 21:00pm

コロンビア革命軍(FARC)との和平プロセスについての考察

2月26日に開催されました講演会の概要を紹介致します。

-土地所有制度の問題、“違法”作物の問題、非合法武装組織構成員の社会復帰を中心に-

上智大学イベロアメリカ研究所準所員 千代勇一

  本講演では、サントス政権下で現在進められているコロンビア最大の非合法武装組織であるコロンビア革命軍(以下、FARC)との和平プロセスについて、土地問題、麻薬及び違法作物栽培問題、そして戦闘員の処遇の観点から分析を行い、今後の課題を明らかにした。
2012年2月、キューバにおいて政府とFARCの予備的対話が開始され、同年8月には「紛争終結及び安定的かつ持続的な平和の構築のための一般合意(以下、一般合意)」が締結された。これにより、翌9月にコロンビア政府はそれまで内密に行ってきたFARCとの和平交渉の存在を発表し、10月からは国際社会の協力も得て正式に交渉が開始した。一般合意では、和平交渉において①総合農村開発政策、 ②政治参加 、③紛争の終結、 ④違法薬物問題の解決、⑤紛争被害者、 ⑥実施・検証・承認について議論されることになったが、2014年2月の時点では総合的農村開発政策と政治参加について合意に至ったに過ぎず、現在も交渉は続けられている。
FARCは1960年代に保守党の弾圧を受けた一部の自由党員に、政治から排除されてきた共産党員、そして農民などが合流して結成された。FARCが活動拠点としていた農村では、農民の多くが零細あるいは小規模の土地所有農民さらには土地なし農民が圧倒的であったのに対して、広大な土地は少数のエリートに集中していた。FARCは結成当初には小規模な左翼ゲリラ組織であったが、1990年代半ば以降、麻薬ビジネスという潤沢な資金源を得て、構成員1万人以上を抱えるコロンビア最大の左翼ゲリラとなった。こうした状況から、FARCとの和平プロセスには土地所有問題、麻薬問題、さらには数多いメンバーの処遇などの問題が深く絡んでおり、以下、この三つの観点から考察を行う。
第一のテーマは土地問題である。まず、土地所有構造の特徴として大土地所有の傾向を指摘することができる。たとえば2002年の時点でコロンビアの農地の46.7%が全土地所有者の0.4%によって所有される一方で、土地所有者の67.6%が農地のわずか4.2%を分かち合っているのである。また、この集中化には地域差があり、アマゾン地域、オリノコ地域、大西洋沿岸地域ではとくにその傾向が強い。こうした状況はスペイン植民地期に由来するのであるが、1936年に制定された法律第200号(「土地法」)以降は土地所有の不均衡の緩和が試みられてきた。1961年の法律第135号(「農地改革法」)及び1994年の法律第160号(「新農地改革法」)によって農地改革が二度実施されたが、1960年から2002年までの土地所有構造に大きな変化は見られない。大土地所有者でもある少数エリートが政治を独占している状況では、大農場の接収と土地の再分配は実現は難しい。そこで、土地の接収による農地の確保ではなく、森林地帯を含む未開墾地の開拓による農地の拡大が試みられた。しかしながら成果は乏しく、さらに広大な森林保護区の設置(1959年)とその境界の曖昧さに加えて、紛争などによる土地所有権の混乱などもあり、農地のフロンティアに土地を得ることができた零細及び小規模な農民でさえ所有権の曖昧さなどの問題が生じた。
第二のテーマは麻薬及び違法作物栽培の問題である。コロンビアでは1990年代半ば以降、急速にコカ栽培が拡大し、世界最大のコカ栽培及びコカイン生産国となった。その中心的な役割を果たした組織の一つがFARCであった。もともとは麻薬組織がコカインの生産と密輸を主導しており、FARCはその一連のプロセスの警護を行っていたが、90年代半ばに巨大麻薬組織が崩壊するとFARCが麻薬ビジネスに本格的に“参入”した。これによりFARCは装備を近代化し、また構成員を増加して国内最大の非合法武装組織となった。

 麻薬がもたらしたのは組織の強大化だけではない。手段としての麻薬ビジネスが紛争の長期化の中で目的化したとの見方もある。さらに、世界最大のコカイン消費国である米国はコロンビアに対して麻薬犯罪人の引き渡しを求めており、FARCは麻薬組織として認定されるだけでなく、米国で法の裁きを受けることになるのである。したがって、来たるべき麻薬問題への対処がFARCにとって最大の資金源を失うことと、米国に引き渡されるリスクを負うことを意味しているところに交渉と実現の難しさがある。
第三のテーマはFARC構成員の処遇についてである。和平プロセスの最終段階には、数多くのメンバーの法的な扱いと社会復帰が重要な課題となる。とくに誘拐や殺人など重罪を犯した構成員に対する処罰の扱いには困難が予想される。1980年代及び90年代に行われた数々の和平プロセスでは、基本的に恩赦が適用されてきた。しかし、近年では国内外の世論がこれを問題視するようになり、2002年末に始まるウリベ政権期のパラミリタリーとの和平プロセスでは、人道犯罪に対する不処罰への懸念の声が強まった。最終的に、それまでの和平プロセスで適用されてきた法的枠組みを大きく変え、新たに「公正・和平」法が2005年に制定された。刑期は5年から8年と通常の刑法に比べると大きく減じられているが、政府は紛争当事者の処罰と被害者補償を定める画期的な法律と評した。また、この和平プロセスでは約4万3000人が集団武装放棄を行って政府の社会復帰プログラムに参加し、さらに被害者補償、収奪された土地の返還、真相究明などが現在まで継続している。FARCとの和平プロセスの最終段階においても、処罰や社会復帰のあり方、真相究明や被害者への補償の実現など、現在の状況に即して解決すべき数多くの困難な問題がある。
最後に、これら三つの視点から見えたFARCとの和平プロセスの課題を改めて整理する。まず土地所有問題については、紛争の背景の一つであった農村の土地問題の解決に対し、プロセスがどのような貢献ができるかということが問われている。次にコカインおよびコカの問題からは、コカが栽培されている農村の再生とFARCの麻薬犯罪の扱いが課題となるだろう。そして構成員の処遇については、不処罰の問題を始め、数多くの構成員の社会復帰、40年以上続く紛争における真相究明と被害者補償をどのように実現していくのかが課題となる。このように解決が困難な問題は多いが、そもそも真の和平を達成するのは容易ではなく、問題に対処する一歩一歩、そして一日一日を積み重ねていくしかないだろう。